美容皮膚科でのレーザー治療後のメイク

美容皮膚科での適切な治療により、美しい素肌に生まれ変わることは、女性にとってはハッピーなことです。ですが美容皮膚科での美肌のための施術後には、すぐにメイクができる治療と、そうではない治療があります。基本的には美容外科クリニックよりも、美容皮膚科の方がダウンタイムは短くなります。美容外科クリニックは、手術もありますから、ダウンタイムはあることを覚悟しておくほうがいいでしょう。

美容皮膚科での美肌の施術ですが、レーザー治療の場合は、施術した当日にメイクは可能です。レーザー治療を受ける前には、顔のメイクを全て洗い落とす必要があります。ですが帰りには、普通にメイクをして変えることができます。逆にメイクをしないままだと、太陽の紫外線に皮膚が当たりますから、メイクはしたほうが皮膚の保護になります。

レーザーは肌を一時的に敏感に指せるので、紫外線を直接肌に当てるのは、肌への負担になるためです。メイクは面倒という人でも、帰りには日焼け止めクリームを塗るといいです。美容クリニックによっては、患者さんが帰りに使えるようにと、日焼け止めクリームを用意してくれていることもあります。皮膚はデリケートになっていて、いつもよりも日焼けをしやすい状態なので、肌は日焼けしないようにすることは大切です。

レーザー治療でも、フラクショナルレーザーの場合は、強力なレーザーなので、メイクはしないで帰ります。肌の保護のために、マスクをして帰るといいです。表参道のシミ皮膚科のことならこちら

Filed under: シミ, 皮膚科, 美容Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website